肌が弱い人は香水もつけられない

香水は通常、手首の内側など直接肌につけるものですが、肌が弱い人は香水をつけただけでも湿疹ができてしまったりします。

でもやっぱりいい香りは放ちたいのがオンナゴコロ・・・そんなわけで今回は、香水を直接地肌につけなくてもいい香りにする方法です。

用意するもの

  • 香水
  • コットン
  • ハンカチ

地肌につけられないなら衣服に香りづけ!

肌が弱く直接地肌につけられなかったら衣服に香りをつけましょう。肌が弱い人にとっては柔軟剤も使えない場合もありますが、この方法なら「香りだけ」をつけるので大丈夫かと思います。

では以下、やり方です。

STEP1:香水をコットンに染み込ませる

衣類に直接吹きかけるとシミになります!

STEP2:香水を含ませたコットンをハンカチで包む

STEP3:あとは衣類タンスに入れるだけ♪

おわりに

たったこれだけで衣類を身につけても香りが継続しますよ!
この方法なら毎朝わざわざ香水をつけることも必要ないので、いつも慌てて家を出るから香水をつけ忘れてしまう、という人にも最適ですね。