コーヒーを飲むと歯が変色する!

コーヒーや紅茶など、カフェインを多く含む飲み物を多くとる方は、それらの色素が歯について黄色くなったり一部が黒くなってしまいます。これは見た目も悪くなりますし、歯にも良くありません。
カフェインを歯に定着させるのを防ぐ方法をご紹介します。

飲んだらすぐ歯から取る

飲み物の色素を定着させないためには、カフェインをとったあと、すぐにそれらを歯から取る、ということが大切です。オーソドックスですが、これが一番効果的です。

すぐ歯を磨く

もし、コーヒーを飲んだあとすぐに歯磨きができる状況であればやっておきましょう。歯を一本一本磨けるように、歯ブラシのヘッドは小さいものがオススメです。また、表面を磨きたいので「かため」がオススメ。

ガムを噛む

歯の表面に色素を定着させない目的の場合、コーヒーを飲んだあとにガムを噛むだけでもだいぶ違うようです。噛むとき、一部の歯だけで噛むのではなくできるだけ全体の歯でガムを噛むことを意識してください。

ティッシュやおしぼりで歯をこする

コーヒーを飲んだ際、歯磨きもできない、ガムもない、という場合はカフェなどにあるおしぼりで歯をこすります。コンビニでもらえるウェットティッシュでも可。(とにかく破れにくいものであればOK)

歯の間の歯垢はやはり歯ブラシで磨かないと取れないの通常の歯磨きは欠かさないでください。

個人談

コーヒーを飲みにカフェに行った際、そこに「おしぼり」があるかどうかに気をつけています。このおしぼりを使用して歯をフキフキしていきます。これは特に歯の表面、舌に対して効果的。これをすると歯の表面にどれだけの汚れがついていたのか一目瞭然です。
最初は抵抗があるかもしれないですが、やりだすと癖になります。
これをやってから虫歯が一切なくなりました。

関連ライフレシピ