はじめに

最近よく耳にする「ジェルネイル」。
カルジェル、バイオジェル、ハードジェル、他にも色々…
いっぱい種類があるようですがいったいなんのこと??
どれがどういいの??

今回はカンタンにその違いをご紹介していきたいと思います。

ソークオフジェル(ソフトジェル)

今ネイルサロンで主流なのはこの「ソークオフジェル」です。

カルジェル、バイオジェル、アクセンツ・・・
など溶液で落とすことのできるジェルを包括して「ソークオフジェル」といいます。

カルジェル、バイオジェルとは、メーカーの名前で、技術の名前ではありません。ソークオフジェルは「落ちないマニキュア」感覚です。

一概にどのジェルメーカーが一番いいということはなく、個人差がかなりありますので
自分に合うメーカーや技術を一緒に考えてくれるサロンさんやネイリストさんを探してください。

メーカーではそれぞれラインで販売していますが、別々のメーカー同士を組み合わせて施術するサロンさんもあります。
これもお客様の爪の状態や希望、好みに合わせてサロン独自のオリジナルを編み出していることもあるので、一概に悪いというわけではありません。

ハードジェル

もうひとつ、「ハードジェル」と呼ばれるものがあります。
これは溶液で落とすことのできないジェルです。

硬度があるので、今の地爪より長さを出したい場合や、
ストーンや大きさ、重さのあるアートをコーティングしたり、
ソークオフジェルとはまた違った特性や魅力があります。

ソークオフジェルの仕上げにハードジェルでコーティングするサロンさんもあります。

最近は種類が多く迷ってしまいますが、わからないことは遠慮せず行きたいサロンに問い合わせてみましょう。きちんと勉強しているサロンであれば、わかりやすく親切に教えてくれますので、サロン選びの基準にもなり一石二鳥です。
ソークオフジェルは地爪をいかした長さ、地爪の保護をしたい人、ハードジェルは長さがほしい人、高いツヤを長期間楽しみたい人に向いています。