はじめに

「仕事で爪を長くできない」、「小さい子供がいるから」、「短い爪に何をしてもかわいくない」…

様々な理由から、ネイルアートをあきらめている方も多いと思います。
しかし、短いからこそ似合うアートがあるのをご存知ですか?

ネイルアートのかわいさは、バランスが命!といっても過言ではありません。今回は、短い爪だから似合うアートの代表例をご紹介します。

ポップ系

パステルボーダーなど、5本すべて違う色に。

アニマル系

10本の爪に2、3本取り入れることによってアクセントになります。

メンズライク系

男性でもできるアートを。ジーパンによく似合いますよ。使わなくなったり、片方なくしたネックレスやピアスのパーツをひとつ。余分な金具はペンチで切り取ります。

ポイント

  • ペディキュア用のアートとして紹介されているものが、実は意外と短い爪に合います。足用のアートでは…と思わずにトライしてみてください。親指に施してあるこってりアートを、ポイントとなる中指や薬指に持ってくるとしっくりきます。
  • 短い爪には、フレンチやグラデーションで爪の根元をクリアにするよりも、爪の根元まで一色塗ってあった方がかわいいですよ。
  • 逆に長い爪でないと合わないアートもあります。どうしてもしたいアートに長さが合わない…というときは、ネイルサロンで相談してみて下さい。長さを出す技術もあります。

さいごに

長くてはできない、短いからこそ出せる印象があります。清潔感やキッチュなかわいさは短いからこそ!

今までウイークポイントと思っていたものも、ちょっとしたコツで
完成度を高く見せることができます。

是非お試しください!

関連ライフレシピ