爪が割れた!このままだと折れる!痛い!怖い!

爪を伸ばしているとこういうことが起きますよね。上の写真のように爪に亀裂が入って割れてしまうと、もうどうしていいか分からなくなってしまうかと思います。

そこで今回は、割れた爪を身近にあるものでカンタンになおしてしまう方法をプロネイリストがご紹介します。

これより本格的な方法は以下のレシピでご紹介。
割れた爪の応急処置(2)~ちょっと本格編~

用意するもの

  • ティッシュ
  • ネイル用グルー(グルー=接着剤)
ネイル用グルーがない場合は普通の瞬間接着剤で大丈夫です。

割れた爪の応急処置方法

1:爪の消毒を忘れずに

一番最初にまず、エタノールで爪を消毒しましょう。余分な油分も除去され、グルーの接着力もよくなります。

2:割れたところをグルーでとめる

エタノールが乾いたら、割れた部分を軽く、グルーでとめます。

3:ティッシュの出番です

ティッシュを、割れた幅を全て覆える大きさにちぎります。

4:確認します

割れた箇所をきちんと覆えているか、当ててみて確認しましょう。

5:グルーでティッシュを爪に貼ります

ティッシュを亀裂部分に置いて、グルーを染み込ませていきます。

6:グルーが乾くまで待ちます

乾いたかの確認は、楊枝やオレンジウッドスティックで叩いてみて、コツコツと硬い音がしたら乾いている証拠です。

手で触るとグルーがついて大変なことになってしまいます。必ず、グルーがついても大丈夫な硬めなもので確認しましょう。

7:もう一度グルーでカバーします

ティッシュをしっかりグルーで覆えるぐらいです。

8:再び乾くまで待ちます

叩いてみて乾いたことを確認します。

9:ファイルで削ります

はみ出たティッシュやグルーが乾いて、ファイルで削れる状態になっています。目の粗いファイルで形を整えます。地爪を削ってしまわないように細心の注意を払って下さいね。

ファイルとはネイル用のやすりのことです。
CHECK: ネイル用やすりの種類

10:スポンジファイルでならします

スポンジファイルで更に凹凸をならします。

11:シャイナーでツヤを出します

最後はシャイナーでピカピカに磨きます。

いかがでしたか?

2度グルーを乗せることによって、強度が断然アップします。旅先などでどうしてもエタノールが手に入らない場合は「1」のステップは省略可です。ただし、充分に流水で手を洗うようにしましょう。

また、「9」〜「11」のファイルで削るステップも省略可。時間ができたときに行いましょう。

グルー(接着剤)の取り扱いには十分注意して下さい。
出血がひどい場合などは無理をせず、皮膚科のお医者さんにかかって下さい。