クレンジングは帰ったら一番に!

みなさん、クレンジングはお風呂の時に・・・なんて方も多いのではないでしょうか。

お化粧はなるべく早くオフしてあげるのが一番。お化粧に、外での汚れや皮脂が酸化もついています。お肌の為に、帰ったらすぐに落としましょう!

まずはポイントメイクを丁寧に落とします

アイメイク(アイシャドウ、アイライナー)

水で濡らして硬く絞ったコットンや綿棒にクレンジングやリムーバーをケチらずたっぷりと含ませ、汚れが広がらないようにやさしくふき取りましょう。

目元は非常にデリケートです。メイクが落ちないからといって絶対にゴシゴシしてはいけません!!

マスカラ

水で濡らして硬く絞ったコットンにクレンジングやリムーバーを適量含ませ、まつげをはさみこむようにして根元からふき取って下さい。

顔全体のクレンジング 種類別の特徴と注意

オイルタイプ(濃いお化粧の時におすすめ)

メイクとのなじみが非常にいいので、汚れが落ちやすいのが利点です。でも良く落ちる分、洗浄力が強すぎるものも多いようです。大事な皮脂まで取りすぎたり、オイルですべりがいいのでついゴシゴシこすってしまい、肌を傷めたりかえって乾燥させてしまう可能性も。

濃いお化粧のときにオススメ

手のひらであたためてから、やさしいタッチでクルクルと汚れを浮かせて落としてあげましょう。手のタッチが軽くなったら汚れが浮いたサインです。

拭き取りタイプ(洗うのが面倒な時におすすめ)

洗うのが面倒な時には手軽でとてもいいですよね。しかし、ふき取る時に過剰な摩擦によって肌を傷つけたり、毛穴に汚れをつめ込ませる可能性があります。

ふき取る刺激は、肌にとってはかなりの負担となりますので、常用しないのをお勧めします。

使用する時は、濡らしたコットンやティッシュにクレンジングをしみこませて、しばらくおいてなじませてから優しく拭き取ってあげましょう。

ジェルタイプ(うすめの化粧の時におすすめ)

さっぱりとして使い易いですよね。ですが、さっぱりしすぎると油の汚れが十分に落ちていないことも。また、のびが悪いタイプは肌をひっぱるため、シワやたるみの原因になります。

薄いお化粧のときなどに手のひらであたためてから、やさしいタッチでクルクルと汚れを浮かせて落としてあげましょう。手のタッチが軽くなったら汚れが浮いたサインです。

クリームや乳液タイプ(薄いお化粧のとき、乾燥しやすい肌や敏感肌の方におすすめ)

水気が多いので、メイクなどの油になじみがよくないようです。粉のおしろいなど、薄いお化粧のとき、肌にやさしいので、乾燥しやすい肌や敏感肌の方におすすめです。

手のひらであたためてから、やさしいタッチでクルクルと汚れを浮かせて落としてあげましょう。手のタッチが軽くなったら汚れが浮いたサインです。

クレンジング時にマッサージはNG ×

クレンジングの目的はメイクや皮脂汚れを落とすことです。浮いてきた汚れを顔に塗りこんでしまうようなマッサージは、くすみやシワの原因になるのでやめましょうね!

やさしくメイクを落として美肌を目指しましょう!

関連ライフレシピ

(image by amanaimages)