お風呂でたくさん汗をかこう!

寒い季節、ゆっくり湯船につかってのんびり温まる至福の時間。夏でもゆっくりと湯船につかって汗をかくのは美肌をつくるポイントともいいますね。

お風呂で汗をかくと、体の中に溜まっている余分な水分や、老廃物を排出することができ、むくみの解消につながるそうなので、いっぱい汗をかきたいですよね。

ちょっとした一工夫で汗がたくさん出る方法をご紹介します。

ポイント1:ぬるめでゆっくり

38~40℃ぐらいのぬるめのお湯に20分以上浸かる

ポイント2:口に水を含む

長くお湯に浸かっていると、だんだん口の中の水分が失われてしまい、口が渇くことで体が危険と察知するため、汗が出にくくなってしまいます。

口に水を含むことで、「まだまだ体には水分が余ってる!」と、どんどん汗が出てきます。

もちろん唾液もたくさん出ますので、時々吐き出し、また新しい水を含みなおしてください。

ポイント3:上がったあとはきちんと水分補給

たくさん汗をかくと汗と一緒にナトリウムや、カリウムも、失われてしまうので、ミネラルウォーターなどでミネラル分を補給することも忘れずに。

冷たいものが欲しいところですが、常温のミネラルウォーターやスポーツドリンクがよいそうです。

関連ライフレシピ

冷え性に効果的!アロマバスソルトの作り方
乾燥肌、冷え性、腰痛改善!悩み別の入浴方法
毎日お風呂で簡単エステ!手軽&無料で美肌になる方法
お風呂で本を読む際のレシピ