はじめに

前回おうちで出来る3Dネイル ~基本編~で、基本をご紹介しましたが、今回は実際に3Dを作ってみましょう。ドットは、全ての3Dの基本となります。また、かわいく見えるバランスのとり方もご紹介します。
初心者さんにぴったりで、カンタンなアートですので、ぜひトライしてみてくださいね。

用意するもの

ダッペンディッシュ

3D用のリキッド(アクリルリキッドとアセトンをミックスしたもの)

リードクッキングペーパーを小さく切ったもの(筆ふき用)

お好きな色のカラーパウダー数色

1つめをおきます

好きな位置で構わないので、好きな色のミクスチュアをおきます。このとき、はじめのミクスチュアは大きくなりがちですので、メインにしたい色、好きな色を選ぶとよいでしょう。

ミクスチュアとは、筆にリキッドを浸し、パウダーを取った状態のものを言います。リキッドとパウダーが混ざった状態のものです。

つぶしてフラットにします

爪と筆を平行に、まっすぐ下へ押していきます。この押し加減で、ドットの大きさを調節します。ドットの作り方は、この行程の繰り返しになります。

バランスをとっていきます

少し離したところに、同じ色で2つめ、3つめ位までおきます。爪のサイズや、仕上がりを考えて、少なめにおきます。一度で同じ色を全ておいてしまわない方が、バランスがとりやすいです。

違う色をおいていきます

少しサイズを変えて、違う色を間においていきます。このとき、気持ち幅があきすぎかな…位でおいていくと、仕上がりが綺麗です。

ここから本番!小さいサイズをおいていきます

小さいサイズのドットをおいていきます。大きいドットのすきまに、小さいドットをおきます。

ドットのバランスは、ここからが本番です。同じ色が隣同士にならないように、また、同じサイズが隣同士にならないように。これを気をつけてあげると、仕上がりの完成度がアップします。

完成です

仕上がりはこんな感じです。

いかがでしたか?

今回はパステルカラー色でご紹介しましたが、2色や1色でももちろんOKです。色を変えると一年を通して楽しめるアートですので、ぜひトライしてみてくださいね。

関連ライフレシピ