足の自然な状態とは?

人間、基本的には二本足で歩いています。その足には5本ずつ指がついていますが、本来足の自然な状態とは、その5本の指がそれぞれ自由に動かせる状態です。そうすればしっかり地面を踏みしめることができるからです。

現在は靴下やストッキングでひとまとめにさせられている足がほとんどかと思いますが、それは足にとってとても不自然なことなのです。

この不自然さが、足を疲れさせる原因でもあります。(疲れ=むくみ、だるさ、痛み、等)この原因を意識した、脚のむくみをとる方法をご紹介します。

帰ったら一番に足の指を開放させてあげよう!

日常でできることは、とにかく足(の指)を開放させてあげること。

  • 靴下を脱ぐ
  • 寒い時期や、冷え性の人は「5本指ソックス」を利用する
  • 素足で大丈夫な人は、足の指と指の間にティッシュなどを詰める

とにかく指と指をおもいきり開く状態にしてあげましょう。ただし、指の間にティッシュなどをつめる際は、長くやりすぎると逆に疲れる場合があるので10分~20分程度で終わるようにしてください。

足の指の付け根にはツボがたくさんあります。そこを刺激してあげるだけでむくみが取れたり疲れが和らいだりします。

一日自分の身体を支えてくれた足と指に感謝して、帰宅後は労ってあげてくださいね。

それでもなかなかむくみが取れない場合は、食べ過ぎが原因の場合もありますので2日連続朝ごはんを抜く、という技もあります。

そしてお風呂ではこちらをやってあげてください!