眉間のシワは、Eveyday の表情癖だった!

困ったとき、不愉快を感じたとき、細かい字を読むとき、神経を集中させるとき、人は無意識に眉間にシワを寄せています。こういうことが日常になると、それが形状記憶となって、シワ(とくに、額と眉間)がだんだんと刻み込まれていきます。こわいですね〜。

とくに眉間のシワは、意地悪そうだし、老けた印象もあり、不幸そうにも見えるので、ないにこしたことはありません。その解決法は?

眉間のシワ、3つの解消Point

1、まずは、深刻な顔をしないようにする。

意識的に眉間にシワを寄せないようにしましょう。シワが寄りそうと思ったら、眉間を軽く指で押さえ、にっこり微笑んでみましょう。笑うと眉間が広がります! *写真はマチス。NYC^MOMAにて。

2、マッサージで、筋肉のコリをほぐし、シワを定着させない

両手指に美容液をつけ、ちょんちょんパッティングするだけでも、シワは軽減できます。

さらに、黒柳徹子(100才になるのが楽しみですというほど信頼をおく)や林真理子(40過ぎてキレイになれたのは田中さんのおかげと公表)が絶賛し実践する田中ゆく子氏の眉間ほぐしマッサージは以下です。

  • (A)眉間から額に両手指を縦に置き、軽く押しながら、こめかみ方向へ指をすべらていく。
  • (B)その指をこめかみから、耳の前〜首筋すじへ、鎖骨までコリをリンパに流していく。

[check: 参考: 田中さんの造顔マッサージを図で紹介しているページ]

3、即効性を求めるなら、ヒアルロン酸やボトックス注射も

この方法は、注入量により金額が違います。3か月〜半年でもとの般若顔となります。美容外科などで相談してみましょう。

Best careは、ふだんからの保湿

ともかく、ふだんから保湿をしっかりして水分不足にならないように気をつけ、週1回は顔全体のマッサージを。血行もよくなり、たるみも予防できます。もちろん、笑顔にも自信がもてます。

眉間のシワが気になり始めたみなさん、是非お試しください!