筆者は10代や20代の頃は、どうしたら痩せるのか?雑誌の特集を見ては飛びついていました。

それなのに、30代になったくらいから食べていても痩せてくるんです。痩せたせいで顔が疲れて見えたり老けたように見えたするのはで嫌なので、痩せたときは意識して体重を増やすようにしています。

今回はそんな太る方法をご紹介します。

この方法が健康的かというと…。そうでないかもしれません。確実に私はこれで太ったので、どうしても太りたいと思う人は試してみてください。

普通に生活していると痩せてしまう人が太る方法

その1: 飲み物を炭酸に変える(カロリー0はダメ)

筆者はコーラが大好きなので、いつものお茶をこれに替えました。炭酸がだめな方は、甘いジュースでもOKです。

その2: 寝る前にお菓子を食べる

寝る前の甘いもの又はポテトチップス系のものナッツなどは効きます。

以前、会社で一番スリムな体系をキープされていた先輩がいましたが、ある時期にみるみる5キロくらい!?増えられたことがありました。原因は夜食のポテトチップスでした。恐るべし…。

つまり、これを「痩せてしまう人」が実践すると太ることができるということです。

筆者も、あまりにも顔がこけたときに1週間で3袋食べます。結果は1週間後にすぐに出るので(むくんでいるのかも?)、やりすぎに注意です。

その3: 運動用のプロテインを摂取

これは比較的健康的な方法です。運動用のプロテインを摂取します。女性用にもいろいろ出ていますが、太りたい人はヘルシーなものを選んではいけません。

「朝にプロテイン。夜寝る前にプロテイン」これを基本にすれば太ることができます。運動しないで大丈夫です。

ただ、この欠点は…。美味しくないことです。筆者もやっていましたが挫折しました。最近ではさまざまな味のプロテインが出ているので、自分の好みのものを探してみるといいかもしれません。

おわりに

簡単に考えれば、痩せてしまう人というのは摂取量よりも多くカロリー消費してる人。だから、カロリー高いものを食べるしかないんです。

もちろん体質もあると思うので、たくさん食べられない人専門家に診てもらうのも良いかもしれません。

お菓子を食べる方法は、塩分なども一緒に摂取することになりますので、あくまでも程ほどに試してみてくださいね。

(image by amanaimages)