肌質の違い

お肌は、肌表面の水分量と皮脂量のバランスによって、「普通肌」「乾燥肌」「脂性肌」「混合肌」の4つに大きく分けられます。

もちろんこの4つですべての肌質を分けられる訳ではなく、同じ肌質でもその程度に違いはありますし、肌表面だけでなく肌の奥の細胞によっても肌質は異なってきます。

そういった細かい診断は専門家(例えばデパートの化粧品売り場の美容部員さん)にお任せするとして、今回は、自宅で簡単に自分の肌質を診断する方法をお教えしたいと思います。

「美肌だね!」って言われたい人はこちらの記事も要チェック!
女性のフェイスケア

肌質タイプを診断しよう!

今回の方法を簡単に説明すると、普通に洗顔して、しばらく放置して、その後の肌の様子で肌質を判断します。なので、ある程度時間に余裕のある時を選んで、この診断を行ってくださいね。また、時間帯は朝を選んでください。

ステップ1:洗顔する

普段から行っている方法でかまいません。いつもの通り洗顔をして、タオルで顔を押さえるようにして水分を拭きます。

タオルで顔をゴシゴシ拭かないでくださいね!

ステップ2:放置する

洗顔後、顔を拭いたら、何もお手入れをせずに放置してください。放置する時間の目安は、夏場は10分、冬場は5分程度です。

すぐに化粧水をつけたくなりますが、今回だけは我慢してください!

ステップ3:肌の様子を確認する

放置時間が過ぎました。さて、あなたのお肌はどんな様子でしょうか。ここからが診断のポイントになります。次のどれに当てはまりますか?

お肌全体がつっぱった感じで、頬や目元・口元にカサカサした感じがある。

診断1 「乾燥肌」

お肌全体がつっぱった感じで、頬や目元・口元にカサカサした感じがあり、Tゾーン(おでこや鼻、あご)など部分的には脂っぽさも感じる。

診断2 「混合肌」

お肌全体につっぱった感じはなくしっとりとしているが、顔全体やTゾーン(おでこや鼻、あご)に脂っぽさを感じる。

診断3 「脂性肌」

お肌全体につっぱった感じはなくしっとりとしていて、顔全体やTゾーン(おでこや鼻、あご)にも特に脂っぽさは感じない。

診断4 「普通肌」

診断結果

診断1 「乾燥肌」

あなたのお肌は、水分量も皮脂量も足りなくて、肌全体がカサカサしていて、肌荒れが起きやすいのが特徴の「乾燥肌」タイプです。

キメがとても細かく、全体的に乾燥していて、目元や口元に小じわが見られたり、お手入れを怠ると肌荒れしやすいというトラブルが起きやすいです。化粧水や乳液は、しっとりタイプのものを使い、肌全体に少量を数回に分けて丁寧に重ねづけしましょう。

診断2 「混合肌」

あなたのお肌は、水分量が足りなくてカサつく部分があるのに、一方で部分的に皮脂量が多くて脂っぽさを感じるのが特徴の「混合肌」タイプです。

お手入れを怠ると、目元や口元の乾燥から小ジワができたり、おでこや小鼻の周りにニキビができたりしてしまいがちです。化粧水や乳液は、ややしっとりタイプのものを使い、乾燥する部分には丁寧に重ねづけをし、脂っぽい部分には少量を使いましょう。

診断3 「脂性肌」

あなたのお肌は、水分量も皮脂量も多いため、しっとりとしているのに脂っぽいのが特徴の「脂性肌」タイプです。

キメが荒めで毛穴が大きいため肌が荒れやすく、日中の化粧崩れが目立ったり、にきびができやすいなど、肌トラブルが起こりやすいです。化粧水や乳液は、さっぱりタイプのものを使い、少量を丁寧につけましょう。

診断4 「普通肌」

あなたのお肌は、水分量は多めですが皮脂量は普通で、しっとりとしたつやがあり、健康的な色味が特徴の「普通肌」タイプです。

キメが細かくなめらかでやわらかい理想的なお肌で、トラブルも起こりにくいです。化粧水や乳液は、ややしっとりタイプのものを使い、少量を丁寧につけましょう。

どの肌質にも共通する基本のお手入れ方法

洗顔方法

ついつい洗顔フォームを頬につけて洗い始めていませんか?洗顔は皮脂が分泌しやすいTゾーンから洗い始めましょう。その後、頬や目元・口元など乾燥しやすい部分を泡で優しく撫でるように洗います。

洗い流す時は、体温以下くらいのぬるま湯で洗い流しましょう。ゴシゴシ洗い流さず、何度も何度もぬるま湯を顔にかけて優しく洗い流しましょう。

化粧水をつける

洗顔後は手のひらで頬を包むように化粧水をつけ、目元・口元フェイスラインTゾーンの順につけましょう。

特に乾燥しやすい部分のある人は、化粧水を少量ずつ数回に分けてつけ、脂っぽさを感じる部分のある人は手に残った化粧水でパッティングする程度で良いでしょう。

乳液をつける

乳液も化粧水と同じ要領でつけましょう。

また、朝はUVカットタイプのもの、夜は美容液成分の入ったタイプのもの、と使い分けると良いでしょう。休日など1日中家で過ごす場合でも、窓越しに紫外線を浴びるものです。紫外線対策は外出しなくても心がけましょう。

肌質にあった基礎化粧品を使おう

肌質は季節の変化や年齢、体調、ストレスなどによって変わります。例えば冬場は「乾燥肌」の人も夏場は「脂性肌」になることも。

基礎化粧品は、一度買うと使い切るまでもったいなくて交換しにくいですが、その時のお肌にあったものを使わないと肌トラブルの原因になります。

上記の例で言うと、冬場に買った“しっとりタイプ”の化粧水や乳液を初夏になっても使っていると、「脂性肌」に変化しつつあるお肌にとってはオーバーケアになり、皮脂の分泌量が増えてニキビができたり、お化粧をして脂浮きするなどのトラブルが起きてしまいます。

自己診断を例えば季節が変わるごとに行って、その時の肌質にあった基礎化粧品を使うようにしましょう。

いかがでしたか?

ご自分の肌質はいかがでしたか?また、基本のお手入れ方法や基礎化粧品選びも参考になったでしょうか。

お肌の様子の変化を常に感じとって、その時にあった基礎化粧品でお手入れをして、トラブルの少ない美しいお肌を目指しましょう☆