はじめに

ジェルネイルが流行っていますが、爪が痛みやすいという理由でマニキュアを利用する方も多いようですね。

今回はマニキュアを自分で塗る方のために3つのポイントをお伝えしたいと思います。参考になさってください。

具体的なポイント

ポイントその1 たっぷり塗る

マニキュアはブラシにたっぷりつけてから爪に塗りましょう。ブラシにたっぷりつけることでムラが少なくなります。

逆にブラシに最低限のマニキュアしかつけなかった場合、マニュキアが擦れてしまい、表面に凸凹ができてしまいます。

ポイントその2 はみ出さないように塗る

ポイントその1では、たっぷり塗ることをお伝えしましたが、爪からはみ出さないように塗ることが大切です。

爪からはみ出してしまうと、そこからマニキュアが剥がれ始めてしまい、長持ちしなくなってしまうのです。

ポイントその3 トップコートを繰り返して塗る

一番大切なのがトップコートです。最近では炊事洗濯をしてもまったくマニキュアが剥がれないトップコートが発売していますので、そのようなトップコートを利用するのも一つの手ですね。

しかし、一番長持ちするのは2、3日に1回トップコートを塗り直すことです。マニキュアに比べトップコートは乾きやすいですから、ぜひ実践してみてください。

おわりに

この3つのポイントを守れば、マニキュアが2、3週間は持ちます。ジェルネイルより安価ですので、いい節約にもなりますね。

(Photo by 足成
(Photo by 足成