はじめに

いつもどうやって髪を乾かしていますか。ドライヤーのかけ方一つで、髪の状態は大きく変わります。

今日は、正しいドライヤーのかけ方を紹介します。

自然乾燥よりドライヤー

自然乾燥は、髪の匂いの原因に

髪が傷むので、自然乾燥がいいと言う人がいますが、乾かさずにそのままにしておくと、匂いの原因になります。濡れたままだと、雑菌が繁殖しやすい状態になるので、早めに乾かしましょう。

ドライヤーをかける前に、タオルでしっかり拭こう

髪はこすらない

傷むので、髪はこすらないで、タオルではさんで叩くようにして、水分を取るようにしましょう。タオルドライをしっかりすると、ドライヤーをかける時間が短くなります。

熱風を内側から

最初は強風で、髪の内側を乾かす

ドライヤーを髪から25cmぐらい離し、強風の熱風を髪にあてましょう。最初は髪の内側から始めて、風が同じところにずっとあたらないように、少しずつ向きを変えるのがコツです。髪が傷みません。

最後は冷風で仕上げ

8割がた髪が乾いたら、冷風で仕上げ

髪が8割がた乾いたら、ドライヤーの風を冷風に替えましょう。これが仕上げになります。ここからは、自然乾燥でもいいですが、冷風のほうが、きれいに仕上がります。

おわりに

濡れているときの髪は傷みやすいので、短時間でさっと乾かしてしまいましょう。

きれいに髪を仕上げ、町へ出かけてみませんか。いつもとは違う気分になれるはずです。