はじめに

基礎化粧品を購入する際、何に気をつけていますか?

成分を見て購入すると、自分の肌の悩みや肌質に合うものを選びやすくなりますよ。

そこで今回は、種類別に化粧品の選び方をご紹介したいと思います。

 クレンジング

クレンジングはオイル、クリーム、シートタイプなど様々ですが、この中で一番いいのは、クリームタイプ。

というのも、シートタイプは、直接肌をふき取るため、摩擦が肌にとって、負担になります。また、オイルは、製品にもよりますが、安価なものを使用し続けると、顔が年をとるにつれ、硬直してきてしまうとも業界では言われています。

 洗顔

洗顔料には、固形石鹸、クリーム、液状タイプがあります。

一番オススメは、固形石鹸。

というのも、クリームや液状タイプのものは、洗い上がりをしっとりさせるために油分を含むものが多く、それらが化粧水の浸透を妨げる原因となることがあるので、汚れも落ち、肌に余分なものが残らない固形石鹸はオススメです。

 化粧水

化粧水はシミの予防に役立つビタミンc誘導体や、保湿に効果的なアミノ酸、肌荒れ改善効果のあるナイアシンなどが入ったものが良いでしょう。

化粧水は、肌にたっぷりつけても蒸発してしまうので、十分な保湿は出来ません。美容液などで蒸発を防ぎましょう。

 美容液

化粧水の水分をキープする保湿力の高い、さらっとしたジェルタイプがオススメ。

少量でも効果のあるセラミド、もともと人間の真皮に存在するヒアルロン酸などがオススメ。

美容液は、保湿、美白、アンチエイジングと目的に応じた種類が豊富に出ているので、肌状態にあったものを選んでください。

 乳液・クリーム

必要以上に油分を与えると肌に良くありません。乳液は美容液と乳液の中間タイプの保湿成分セラミドなどを含んだものにしましょう。

クリームは、目元、口元など乾燥が気になるところにつけると効果化的です。

 おわりに

いかがでいたか?手作りや自然派の化粧品などもありますが、これらは必ずしも安全で肌に優しいとは限りません。

衛生面での心配や、アレルギーを起こしやすい刺激が強いなどのトラブルもあるので注意しましょう。