はじめに

年齢を重ねると、血管が細くなるので血流が落ち、お肌の代謝が緩慢になるためくすみやしみもできやすく、さらに乾燥などが加わることで小じわもできやすくなります。老化と言ってしまえばそれまでですが、あきらめるのはまだ早い!

今回は、根本的な対策の1つである「血行改善」に注目したフェイスマッサージのポイントをお伝えします。

用意するもの

  • 植物油
  • 精油
  • フェイスタオル
  • ハーブティーのティーバッグ(お好みで)

やってみよう

STEP1:ハーブティーでホットパック

血行の良い入浴後に行いましょう。時間に余裕のある方や、即効力を期待される方は、マッサージの準備としてお顔のホットパックも加えます。 普段通りに洗顔した後、濃い目のハーブティ(ティーバッグ)を用意し、タオルを浸してお顔に乗せると、蒸気とー緒にハーブの成分がお肌に染み込んでいきますよ。

疲れた肌にはローズ、肌トラブルにはカモミールやカレンデュラ(キンセンカ)がおすすめ。

STEP2:マッサージオイルの準備

植物油を使ってマッサージします。色々な植物油がありますが、加温効果が高いゴマ油はお料理にも使えておすすめ。ただし、茶色ではなく香りのない透明なもの(生搾り)を使用します。手に取った適量のゴマ油にアロマ精油を合計1~2滴垂らし両手で混ぜます。

皮膚の代謝を正常化させるキャロットシード、皮膚の弾力を改善するパルマローザやタイム・ゲラニオール、若返りのローズやネロリ、ラベンダー、保湿のカモミールがあすすめ。

STEP3:顔をマッサージ

いよいよフェイスマッサージ!マッサージの方向は、大まかには中心から外へ、下から上へ、しわに対しては垂直に軽いタッチで行いましょう。

STEP4:首とデコルテもマッサージ

残ったオイルで首のマッサージもお忘れなく。デコルテまでがお顔です。首をマッサージすると、お顔の血流が5倍になるそうですから、やらない手はありません。

おわりに

さぁこれで血行が良くなり、香りのリラックス効果もあって表情もいつもより穏やかで豊かになっていることに気がつくでしょう。あなたもプリプリお肌に大変身!

(image by amanaimages)