はじめに

大人になると、メイクしているのに、なんとなく疲れたような顔、ハリのない顔に見えることがありませんか。そんな時は、色の力をかりましょう!!

簡単なポイントメイクで、疲れ顔が解消できるメイク方法をヘアメイクアーティストの山本浩未さんが紹介されていましたので、簡単にポイントをまとめてみました。

ポイントその1 チークを工夫してみよう

チークの色は似合う、似合わないということより、気分で決めてよいそうです。できれば、何色か用意しておくと良いでしょう。

チークの種類は、クリームチークの方が色味がはっきりし、もちも良いとのこと。チークの入れ方は、にっこり笑った時に一番高くなる位置にポンポンとおいていきます。

その上に、パウダーチークをふんわりのせましょう。ベージュ系のパウダーチークを使うと、しみやくすみが目立ちにくくなるそうです。

ポイントその2 リップにツヤを与えよう

明るい色のコンシーラーを唇の山と口角につけます。なじませたら、唇の中央部分にグロスでツヤを与えると、若々しい印象に。

ポイントその3 ペンシルを使ってリップに色味を与えよう

ぼやけた口元の線をリップペンシルで強めましょう。その際、唇に近い色を使うと良いそうです。リップペンシルの具体的な使い方はこちらです。

STEP1

「ウー」と言いながら、唇の山、下のラインを描きます。

STEP2

「イー」と言いながら、口角を描きます。

STEP3

「エー」と言いながら、上唇のラインを描きます。

STEP4

「アー」と言いながら、全体のラインをつなげます。

STEP5

ラインの内部をリップペンシルで塗りつぶし、ティッシュで軽くおさえたら、唇中央部分に口紅を塗ります。

おわりに

一見、目元のメイクを凝る方がはっきりした顔立ちになるのかと思いますが、チークやリップを工夫するだけでもかなり若々しく、元気な顔になるものです。

自然で健康的な大人のメイクをめざすなら、まずチークとリップを工夫してみてはいかがでしょうか。

参考サイトきれいの魔法 
きれいの魔法 2010年 09月号 [雑誌]