はじめに

皆さん、今、ご自分の髪を触ってください。髪の状態はどうでしょうか。いい状態でしょうか?それとも痛んでいるでしょうか?

今日は、そんなあなたの髪を状態をよく保つための正しいシャンプーの仕方を紹介します。

この順番で

まず汚れを流す

シャンプー前に、髪をぬらすだけではなく、お湯で落ちる汚れもあるので、きれいに流しましょう。たっぷりお湯を使って、やさしく指の腹で頭皮をもむようにして、流します。

お湯はあまり熱くないほうがいいです。37~38度ぐらいがちょうどいいです。

次にシャンプー

頭につける前に、シャンプーと少量のお湯で、両手で泡立てましょう。それから、頭全体に泡をつけていきます。そのまま、シャンプーを頭につけないでください。

シャンプーをつけていないときと同じように、指の腹で、マッサージをするように頭皮を洗います。髪自体はさらっと触れるぐらいで十分です。

それから、すすぎ

たっぷりのお湯を使って、きれいに洗い流しましょう。すすぎもまた、マッサージするように、時間をかけていきます。

この時に、耳の周りなどは意外と汚れが落ちていないので、きれいに流すのを忘れないでください。

それから、リンス・コンディショナー

シャンプーをきれいに洗い流したら、次はリンスです。リンスを手にとって、両手で伸ばしてから、髪の根元から毛先に塗っていきます。特に痛んでいる毛先はちょっと多めに。

リンスは頭皮ではなく、髪に。頭皮につけても意味がありません。

もう一度すすぎ

最後です。きれいに洗い流しましょう。時間をかけると、効果がなくなるような気がしますが、そんなことはありません。逆に、あまり流さないと、べたついて、雑菌やほこりがつきやすくなります。十分に流しましょう。

おわりに

特別なことではなく、ちょっとした心がけでできるものです。また、パーマ用、ダメージヘアー用など、髪にあったシャンプーを選ぶようにしてください。