はじめに

パートナーと一緒にダイエットを継続させるには、少々策をねらなければなりません。

ポイントをいくつか書き出してみました。

パートナーの好きなメニューを加える

パートナーと一緒にダイエットするには、パートナーの好物をメニューから外すような事はしないほうが良いです。

高カロリーなメニューが好きな場合は、ダイエット出来るようなレシピにカスタマイズしたり、量を減らして他の低カロリー食品と組み合わせて定食風にしたりしましょう。

なるべく文句が出ないようにダイエットを続けたほうがパートナーも楽だし、一緒にダイエットしている自分も楽になります。

予算は抑える

ダイエットにお金をかけるか、かけないかで、続くか続かないかが分かれます。ダイエットにお金をかけると、パートナーから苦情が出やすくなります。

ダイエットをしているからといって効果がすぐに現れるとは限らないし、女性の場合は月のリズムもあるので効果が目に見えにくい時期もあります。

お金かけているのに、と、パートナーに嫌味を言われたらやる気もなくなりますよね。それに、お金をかけていると経済状況に合わせて止めなければいけなくなるかもしれません。

お金をかけるようなダイエットは、継続させるのが難しいです。

運動

運動をするなら、継続しやすいウオーキングなどの軽いものを条件を緩めにしたほうが続けやすいです。毎日3km走る、などという決め方は続けにくくなってしまいます。

通常にやる事と、雨の日などの代替の運動、運動できなかった日のリカバリー方法などを考えると継続しやすいと思います。

例えば、ウオーキングを30分が通常で、雨の日などの代替が腹筋・腕立て、運動できなかった日があった週は休日にテニスをする、など。

仕事もありますし、色んな用事もあって忙しいし、体調が悪い日もあると思います。無理しないでも続くような形を最初から作っておくほうが、挫折しないで続けられると思います。

おわりに

パートナーと一緒にダイエットを継続させるのは大変です。でも相手がいるから、いったん波に乗ってしまえば逆に継続しやすくなります。

(Photo by 足成