はじめに

ごはんやパン、麺類の食べすぎは太ると分かっていても、ついつい食べ過ぎてしまいがちです。

炭水化物は血糖値を上げ、エネルギーになるので、とりすぎるとエネルギーが使い切れず、肥満の原因になってしまいます。

そこで、カロリーがほとんどない「しらたき」を使ったダイエットレシピをご紹介します。

炭水化物のカロリーが気になるときに!しらたきレシピ

しらたきは味がほとんどないので、どんな食材にも合いますし、カロリーが200gの1袋あたりでも10カロリー前後と、低カロリー食材です。

また、しらたきはほとんどが水分と食物繊維でできています。炭水化物と食物繊維を同時に摂取することで、血糖値の上昇を穏やかにしてくれ、肥満を予防できるんです。

ただ、低カロリーだからといってしらたきばかり食べていると、栄養失調になってしまいますので、食べすぎには注意してください。

ダイエットに便利なしらたきですが、こんにゃくの食物繊維は食べ過ぎると腸内で水分を吸収しすぎ、便秘や腸閉塞になってしまう恐れがあります。くれぐれも食べすぎには注意してください。

しらたきの下ごしらえ

しらたきには独特のこんにゃく臭があり、これが苦手な方も多いでしょう。このこんにゃく臭は加熱することで気にならなくなります。

  • 下ごしらえの方法1 レンジ

水を切ったしらたきを平たい皿に入れ、レンジで5分程度(500W)、水気が切れるまで加熱します。

  • 下ごしらえの方法2 ゆでる

鍋にお湯を沸かし、しらたきを5分ほどゆでます。その後よく水気を切ってから使います。

  • 下ごしらえの方法3 乾いり

フライパンに油をしかずに、水気を切ったしらたきを入れ、水分が出なくなるまで乾いりします。

レシピ1 しらたきごはん

下ごしらえしたしらたきをみじん切りにし、米を炊く時に一緒に炊飯器に入れるだけです。米3合に対してしらたき1袋だとほとんどしらたきは分かりません。

しらたきをみじん切りにする時は、フードプロセッサーがあると便利です。

レシピ2 しらたきパスタ

しらたきを適度な長さに切り、ゆでたスパゲティと1:1の分量になるように混ぜてソースをかけて食べます。しらたきはよく水分を飛ばしたものを使用してください。

レシピ3 しらたきラーメン

下ごしらえしたしらたきと中華めんを1:1になるようにまぜ、ラーメンのスープと具材をのせて食べます。同じように焼きそばでも作ることができます。

全量をしらたきにすると、胃がいっぱいになっても、脳に栄養がいかないのですぐに空腹になり、食べ過ぎてしまう原因になるのでやめましょう。

おわりに

ほとんどの主食に違和感なく混ぜることができるしらたき。上手に使ってダイエットを成功させましょう!

(image by amanaimages)