表情筋を鍛えよう

表情筋が弱いと、表情に動きがなく、魅力的な表情になりにくいとされています。

そこで、表情筋を効率的に鍛えるやり方を紹介します。

やりかた

STEP1

まず、顔を思いっきり小さく、ぎゅーっと真ん中に寄せます。

STEP2

次に、思いっきり大きく、ぶわーっと広げます。これを繰り返します。

効果

人が「開いた顔」をするのは、相手への共感のサインになります。嬉しいとき、興味深い話を聞いたときは、自然と唇の幅が広がり、頬骨が上がり、眉が上がり、こめかみがつっぱるような顔になります。

逆に、残念、つまらない、という気分のときには、口がすぼみ、眉間にしわが寄り、目は細くなります。

表情をどう動かすか、目線をどうするか・・・などといった、細かいことより、とにかく、「通常の顔」と「開いた顔」のコントラストで相手への関心を示すことが、コミュニケーションの質を高めます。