はじめに

日々の自分へのご褒美にエステに通い女子や、結婚前にキレイにケアしたい女子が通うエステ。

しかし中にはとんでもない悪いエステサロンも存在します。せっかく高いお金を払うんだから、よいエステサロンを選びたいですよね。今回は、契約しないほうがよいエステサロンを見分けるポイントを紹介します。

ポイントその1 商品を薦めるエステサロン

「脱毛3回 10000円」や「フェイスエステ 初回3000円」等と見てエステに行った人に多いのが、エステ後に商品をしつこく薦められるという苦情です。

クリームや、化粧水等を高額でしつこく売ろうとされ、結局断れずに購入してしまい結局エステ代より商品を購入した代金が高かったケースも多いのです。

大手のエステサロンでもしつこく勧誘されたという声も聞きます。もし勧誘がしつこく購入してしまった際には、クーリングオフ制度を利用しましょう。

事前に悪質なエステサロンを見抜くには、まず街頭で勧誘しているエステサロンは避けるということ。そして、あらかじめインターネットでエステサロンのクチコミ等を見てからサロンに行くことです。

ポイントその2 あなただけの特別メニューを薦めてくる

エステをした後に、店長やえらい人が出てきて「あなたを変えてみたい。特別メニューを考えた。あなただけに特別料金で提供するからどう?」等と言うエステサロンがあります。

これは100%悪質です。まず、1度行っただけで特別メニューを考えるエステはありません。

女性は「自分だけ」という言葉に弱いのです。悪質業者は必ずそこにつけこんできます。

もしそういうエステサロンに間違えて行ってしまった場合は、はっきり「お金がないので断ります」と拒否しましょう。

1度でも契約してしまうと、その後どんどんいろんな商品を薦めてきたり、契約を延長しないか?としつこく誘われたりします。

ポイントその3 広告を出しすぎなエステサロン

よく看板を出していたり、チラシを配っているエステサロンがあります。あまり広告を出しすぎているエステサロンは、初回のお客様がリピーターにならないパターンが多いエステサロンです。

エステサロンはリピーターが命です。初回だけのお客様ではなかなか経営がうまくいきません。リピーターが多いエステサロンはそこまで広告を出しません。

また、男性が街中でエステのチラシを配っていたり、よくアンケートを実施しているエステサロンは避けるべきでしょう。

おわりに

「美」は女性にとって永遠のテーマです。それにつけこんでくる悪質なエステサロンも実際多いので、そんなエステサロンを選ばないように気をつけて下さい。