アロマオイルを楽しむために

「アロマって流行ってて気になっているけど、何から選べばいいかわからない・・・」

ずらっとお店に並んでいるアロマオイル(エッセンシャルオイル)の中から何を選べばいいか、どうやって選べばいいか簡単にまとめてみました。

香りの種類を知ろう

大きく分けると大体5種類の香りがあります。

  • 柑橘系(オレンジ・レモン・グレープフルーツなど)
  • ミント系(ティーツリー・ユーカリなど)
  • フローラル系(ゼラニウム・ローズなど)
  • ハーブ系(セージ・カモミールなど)
  • ウッド系(ひのき・スギなど)

なんとなくイメージできると思います。万人受けしやすいのは、やはり柑橘系でしょうか。ほかにスパイス系の香りもありますが、好みに差があるので慣れてきてからがオススメです。

まずは上記の5種類からフィーリングで自分好みのジャンルを知りましょう。

エッセンシャルオイル?アロマオイル?

お店で実際に見てみるとわかると思いますが、商品名が「エッセンシャルオイル」となっているものや「フレグランスオイル」、「アロマオイル」となっているものもあります。

明確に決められた違いはないのですが、基本的に「肌につけたり、直接吸引したりするのであればエッセンシャルオイル100%」をおすすめします。

ただ、エッセンシャルオイル「100%」表記のものは高価であることが多いですので、いろんな香りをアロマライトやポットで試してみたいということであれば、手ごろな値段のものからはじめてみるのがいいでしょう。

体調に気をつけて

アロマオイルには心身に役立つ作用があります。香りというのは人間に意外と強く影響することがあるので、妊娠中や持病がある方の場合は、念のため医師に相談するといいかもしれません。

以下、頻繁に注意を促されている香りをあげておきます。

妊娠中は避けたほうがよいもの

ゼラニウム・ラベンダー・ローズ・ローズマリー・セージ・クラリセージなど

皮膚アレルギーがある場合避けたほうがよいもの

バジル・レモングラス・マンダリン・オレンジ・ライム・ティーツリーなど

そのほかアロマオイルごとに避けたほうがよい状況や使用法などありますので、医師や販売店の方にも確認するといいでしょう。