職場など、メイクはしなければいけないけれど派手なメイクでは浮いてしまう、ということがありますよね。すっぴん風よりも、もう少し綺麗な感じ(ちょっとメイクしているな、という感じ)のメイクにするポイントをご紹介します。

その1: ベースメイクに力をいれる

ベースメイクに力をいれましょう。透明感のある、むらのない肌は若々しい印象を与えます。

Step1: 化粧水と乳液で素肌を整える

まずは、化粧水と乳液で肌にうるおいを与えましょう。肌が潤うことでファンデーションのノリも良くなり『浮いている』感じが少なくなります。

Step2: 化粧下地を塗る

毛穴を隠す物、赤みを低減させる物、顔色を良くするものなど様々有ります。自分の短所を隠し、長所を活かす下地を探してくださいね。

下地効果のある日焼け止めもあるので、日差しの強い時期にはそれを選びましょう。

緑色や紫色をした下地クリームがあります。これらは顔全体に塗るのではなく、気になるところだけに塗るようにしましょう。顔全体に塗るとかえって顔色が悪くみえる場合があります。

Step3: コンシーラーを塗る

自分の肌にあったコンシーラーを使って目の下のクマやニキビあと、毛穴を隠しましょう。トントンと軽く叩くようにして肌になじませてください。

コンシーラーはクリームタイプや固形タイプがあります。基本的に乾燥肌の方はクリームタイプ、オイリー肌の方は固形タイプが合うと言われています。ただしまずは試すことが大事!百貨店の化粧品コーナーでお願いしてみましょう。

Step4: ファンデーションを塗る

必ず肌の色に合うものを選びましょう。色があっていないと顔が浮いてしまいます。首の色と比べて、同じ色になっているかを確認しましょう。

コンシーラーをつけているので、目元は薄めにすることがポイント。

その2: アイメイク

自然だけれど印象的なアイメイクをしましょう。目元は一番最初に視線がいくところです。眉毛をきれいに整えることはもちろん、アイライン、マスカラでアイメイクをしましょう。

眉毛はペンシルで毛が少ないところをカバーする感じで。仕上げにアイブロウパウダーを利用するとナチュラルに仕上がります
アイラインはつい太くいれすぎたり目尻を強調してしまったりしますが、やりすぎには注意しましょう。つけ睫毛はナチュラルメイクのときはなるべくつけないほうが良いとおもいます。

その3: チーク

チークをいれると顔が立体的になり、平板な印象から逃れることができます。若々しいメイクにもなりますし、顔色が良く見えます。

チークブラシは高級な良いものを使うと仕上がりがキレイになります。1つ、奮発して買っておいて損はないコスメグッズです。

チークはつい濃く入れすぎてしまうので注意が必要です。ナチュラルメイクを目指すのなら、チークの入れ方はほんのり色がついているかな?ちょっと足りないかな?というところでおさえておくことがポイント。

その4: 口紅、グロス

華やかなメイクのときならばグロスをたっぷり塗ることもあるでしょうが、ナチュラルメイクのときにグロスを塗る場合は控えめにしましょう。ラメが入っていないグロスのほうがより自然です。

肌色によっても似合う口紅は違うとおもうので、いろいろためしてみて一番自然なカラーを選びましょう。真っ赤はナチュラルメイクにはほど遠い色です。薄いピンクやベージュ系がおすすめ。

ナチュラルメイクだからといってリップクリームだけ、というのは顔色が悪く見えてしまうのでNGです。きちんと口紅か色つきグロスを塗りましょう。

おわりに

メイクによって女性はがらりと変わりますよね。

華やかで派手なメイクを楽しむのも素敵ですが、すっぴん風メイクや、ナチュラルメイクのほうが印象が良いことが多いです。

今回ご紹介したように、ナチュラルメイクをするときは、ベース(肌)、目元、頬の色、口紅を控えめながらもきちんとする、がポイントです。

(image by amanaimages)