はじめに 

肌はいつまでもきれいでありたい

それは女性にとって永遠の憧れではないでしょうか。年を重ねるうちにしみやしわ、たるみ、くすみなど肌トラブルで悩む方は多いでしょう。肌トラブルに対しては正しいスキンケアが必要です。

皮膚は28日周期で再生されます

正常な肌であれば肌の奥の不要物質、シミなどの原因はこの周期で垢となりがれおちていきます。現在肌に残っているシミ、それは、昔のシミが表面に出てきたのです。

年齢を重ねることで肌の老化が進み皮膚再生も遅れてきます。古い角質がたまっていくことで、角質が厚くなってしまい、皮膚の生まれ変わりを邪魔をしているのです。

厚くなった角質に対してはピーリングケアが重要になってきます。ピーリングは肌に負担をかけてしまいよくないのでは?と思われがちですが、たまってしまった角質を落とすためにも重要なケアです。

ピーリング剤はたくさんのものが市販されています。今手持ちがあるのであれば週に1から2度使用していってください。これからの季節、どんどん肌は固くなります。

そうなると夏の紫外線を浴びた肌の奥にシミの原因のメラニン色素は排出されることなくどんどん肌の内部にたまっていき、いずれシミとして皮膚表面に出てきます。その前に早め早めにケアをしていき、冬トラブルを予防しましょう。

ここでは安くて簡単にできるピーリング方法を紹介します。

用意するもの

  • 精製水 100ml
  • クエン酸 10g
  • 空き容器 百均などで売られているポンプタイプの容器など。

精製水やクエン酸は薬局で売られています。薬用のクエン酸で500円くらいです。精製水は100円以下で売られています。

やり方はとても簡単

まずはピーリング剤を作りましょう。

STEP1 ピーリング剤を作ります

精製水100mlとクエン酸10gを空き容器にいれよく混ぜます。振るだけでクエン酸は溶け液状になります。これでピーリング剤はできあがりです。

STEP2 ピーリングしましょう

洗顔後オリジナルピーリング剤を顔全体になじませながら30秒ほどおきます。この時ピリピリした痛みを感じるかもしれません。あまりにも痛みが強いようであれば早めに洗い流しましょう。

時間がきたらぬるま湯でよくすすいでください。30秒に慣れてきたら1分くらいまでは間隔を延ばしても大丈夫です。すすいだ後肌トラブルはおこっていませんか?肌が赤くなっていたりしたら次回は水の量を増やしてください。

STEP3 しっかり保湿しましょう

ピーリング後の肌は余分な角質が取り除かれた状態です。肌は有効成分が浸透しやすい状態になっています。ここでしっかりと保湿美容液を使って保湿しましょう。

普段使っている化粧品で大丈夫ですが、シミが気になるのであれば美白化粧品をプラスして使ってみてください。

肌が敏感になっているので、刺激になるパックやマッサージなどは2-3日は控えましょう。

おわりに

ピーリングを行うことで古い角質がはがれおち肌の老化を防ぐことができます。新陳代謝もよくなり肌再生が活発になります。続けていくことでふっくらとした肌に戻ってくるでしょう。

(Photo by 著者作)