はじめに

歯の美しさは、健康な歯が原則です。歯周病を克服し、予防に努めることが、最大の美容方法です。

歯周病予防効果は歯ブラシの選び方で変わってきます。歯ブラシを買うとき、選ぶときのポイントを守ることで、自分に合った歯ブラシを手に入れられます。

ポイントその1 やわらか

歯ブラシの毛は「やわらかめ」を選びことがポイントです。メーカーによって表記は異なりますが、「ソフト」よりは「ウルトラソフト」が該当します。

『いちばん軟らかい』ものを選びましょう。ドラッグストアなどで種類が多くて戸惑ってしまったら、店員さんに質問してみましょう。

歯ブラシの毛先を、手の甲に当ててみてください。やわらかめの毛先でも、皮膚には充分に強い刺激なのが実感できると思います。

ポイントその2 少しだけ

歯磨き粉は少しだけ使用するのがポイントです。歯磨き粉には研磨剤の効果もあるので、使いすぎには要注意です。

虫歯の汚れは歯ブラシでは落とせません。虫歯の治療は歯科に診察に行くことが大切です。

自分でできることは「歯のメンテナンス」です。メンテナンスでは、適量の歯磨き粉の使用が肝心です。自分の小指の爪と同じくらの長さを歯ブラシに出しましょう。

ポイントその3 こまめに交換

交換のタイミングは、「毛先の先端が弱くなったら」です。曲がってしまっていたら即交換のタイミングです。毛先が折れていたら、すでに効果が得られない状態です。

ネギなど繊維質の丈夫な野菜を食べたあとは、歯ブラシに繊維質が引っ掛かっていることがあります。目には見えにくくても、歯ブラシには汚れが付着しています。

洗った後、しっかり乾燥させていればカビは生えませんが、白いはずの毛並みが黒くなったと感じたら迷わず交換しましょう。

おわりに

歯ブラシは、口の中の柔らかな皮膚(粘膜)に触れるものです。清潔が重要。

「歯みがき」という言葉から、歯の固いイメージを連想しがちですが、とてもデリケートな部分を掃除しているんだと自覚することが大切です。

くれぐれも歯ブラシで歯の表面を削ってしまわないように注意しましょう。