はじめに

外出時に、ふと「口臭大丈夫かな」と気になったり、人と接するお仕事をしている人、デートの時、気になるケースは多々ありますね。

また、気をつけていても体調によって口臭が出てしまうこともあります。そこで、口臭に悩まされず、気にしなくてもよくなる術をお教えします。

ポイントその1 口臭の原因は口の汚れ

歯や口の中を常に綺麗に保つ

食後の歯磨きは徹底しましょう。とはいえ、外出先では常に歯を磨ける環境とはいえません。 なので、歯を磨けるタイミングで口を綺麗にします。

朝と晩に、きちんと歯を磨くことで口の中に汚れが付着しにくくなります。食べ物が歯に詰まる頻度も激減します。
  • 朝の歯磨きは食前(起きた直後)と食後
夜に歯を磨いていても、睡眠中も菌は口の中で繁殖しています。食べ物を飲み込む時に、汚れも一緒に飲み込まぬよう、食前に磨きます。
食後の歯磨きは『リステリン』のような洗口液を使うと歯茎に付着した小さい汚れも取れます。
  • 夜は食後と寝る前の洗口液で完璧です。(どうしても2回が厳しい場合は寝る前の歯磨きを徹底しましょう)

ポイントその2 口臭の原因は胃の中にもあり

胃の中を綺麗に保つ

胃の調子が悪かったり、弱っていたりすると口臭として現れてきます。熟年層に良く見られますが、若くても不摂生をしていると口臭が出ます。

  • 毎朝、一番最初に食べる物はフルーツと水にしましょう。

フルーツは水と共に胃に入ることで胃を洗浄します。最も効果的なのはグレープフルーツやキウイです。

水の変わりに麦茶でも構いません

ポイントその3 ガムがあれば鬼に金棒

それでも、とても追いきれない細かい原因によって口臭は出てしまいます。そこで、どの瞬間でも口臭を撃退する最強のアイテムはガムです。

ガムによっては効果のないものもあるので、効力の高いガムを紹介します

約10年の対人業務に携わり、長年の会社員生活の中で筆者が結論したイチオシの「口臭撃退ガム」

  • とにもかくにも『キシリッシュ(明治製菓)』です!

キシリッシュの絶妙な柔らかさが、歯の細部まで行き届くせいか消臭効果が長続きします。またサイズが小さくコンパクトなので、急な来客時に上あごのところに隠す技も使えます。

筆者的ランキング

  • 1位 キシリッシュ クールミント

ミントの香りが強すぎず、甘すぎず、苦すぎることもないので、この適度な辛さが持続性を持ちます。

  • 2位 キシリッシュ フルーツミント

甘くて味も楽しめるので、間食防止にもなります。また、甘いのにも関わらず、糖度が低いので菌の温床になることもなく、
味がなくなった後は甘みは一切消え、香りだけが持続します。

  • 3位 キシリッシュ レモンミント

フルーツよりさっぱりしていて、程よいレモンの酸味が抗鬱作用があり、気分もUPします。集中したい時や気合を入れたいときにお勧めです。

  • 眠いとき=キシリッシュ ハイパークール
  • 上記の味に飽きたとき=基本的にキシリッシュであれば失敗しません。
キシリッシュライムジンジャー味は口臭撃退効果があまりみられませんでした
食べるタイプの『ブレスケア(小林製薬)』のようなものもありますが、持続性・即効性はやはり出入り口である口をケアすることが一番なので、ガムをお勧めします

おわりに 

口臭はエチケットとして、常に気をつけたいものです。しかし、口臭ばかり気にしていると日常が窮屈です。なので、気にしなくても口臭が発生しない身体づくりというのが最も大事です。

それが、ポイント1・2で示した、口と胃を綺麗にすることです。毎日続けることで、口臭の出ない身体になれるので、ぜひ実行そして継続してください。

〔photo by http://www.listerine-jp.com/products/index.html〕
〔photo by http://www.meiji.co.jp/sweets/candy_gum/xylish/products/〕