はじめに

ナチュラルメイクにすると、なんだか目元の印象が薄くなって手抜きにみえてしまう……という悩みを持つ方は多いと思います。

ナチュラルメイクをキレイに見せるコツは2つです。

  • ナチュラルメイクは肌の質感が大事なので、ベースメイクをしっかりする
  • 目元のメイクは色味を使わないものでしっかりとする

今回は、アイメイク編です。ベースメイク編もお役に立てると思うので、ぜひあわせてお読みください。

用意するもの

ナチュラルなアイメイクをするために最低限用意したいものをご紹介します。化粧品はひとりひとりの肌の色や肌質に合ったものを選ぶと良いので、いろいろ試してみましょう。

  • アイシャドウ① ベースの色をつくるオフホワイトやゴールドなど
  • アイシャドウ② ハイライト用のパールホワイト
  • アイシャドウ③ 涙袋を作りたい場合はパールのピンク
  • アイライナー  黒 (リキッド・ペンシルどちらでも構わない)
  • マスカラ  黒 (ロング・ボリュームなどじぶんのまつげに合ったものを)

STEP1 アイシャドウ

1 ベースカラーでまぶたをキレイに見せる

まず、アイシャドウ①をまぶた全体に乗せます。パウダータイプなら、指の腹でも大丈夫です。

2 ハイライトでメリハリをつける

ハイライト用のパールホワイトを、眉の下あたりに乗せ、メリハリをつけます。

3 涙袋で潤んだ瞳に

涙袋を作りたい場合は、下まぶたの目頭~黒目のあたりまで、パールピンクのアイシャドウを薄く塗ります。

ベースのアイシャドウは、まぶたがきれいに見えるものを使います。ゴールドだと元気な印象になります。

STEP2 アイライナー

アイラインの引き方として、しっかり書いてしまうと、濃いメイクになりがちです。隠しラインで、ナチュラルでありながら印象的な目をつくりましょう。

隠しラインは、まつげの間を埋めるように引くラインです。一気に線を引こうと思わず、まつげの間にちょんちょんと乗せるようにして埋めていくときれいに仕上がります。

黒目の上の辺りを少しだけ太めに引くと、黒目を大きく見せてくれる効果があります。

STEP3 マスカラ

ビューラーで軽く持ち上げたまつげに、マスカラを塗っていきます。一気にたっぷりつけようと思うと、余計な液が付いてしまいひじきまつげになりがちなので、最初にティッシュオフしましょう。

一度根元から塗ったら、重ねづけは毛先だけで十分です。マスカラの節約にもなりますよ。

ビューラーでまつげを上げすぎないように注意してください。まつげだけが悪目立ちしてしまいます。

おわりに

メイクは人それぞれの肌やパーツによって似合うものが違うものです。自分に似合うメイクの研究をしましょうね!

Photo by http://www.flickr.com/photos/andrewrennie/4356663297/