はじめに

「濃いメイクにはそろそろ飽きてきたな」「ナチュラルメイクにしたいけど、スッピンに見られるのは嫌」「ナチュラルメイクだと単なる手抜きみたいになっちゃう」という方は多いと思います。

自分の顔を変えてしまうような鮮やかなメイクも楽しいですが、自分の顔を生かして、なおかつキレイに見せるなら断然ナチュラルメイクです。

ナチュラルメイクにしても手抜きに見られないためには、ベースメイクをしっかりすることと、顔の印象を大きく左右するアイメイクを変えることが大切です。

上手なナチュラルメイクのコツをご紹介します。今回はベースメイク編です。アイメイク編もあわせてお読みください。

ナチュラルメイクのコツ

ナチュラルメイクは手抜きではけっしてキレイに見えません。濃いメイクよりもむしろ、すべての工程を丁寧にしなければいけないので手間がかかります。

その代わり、「スッピンとあまり印象が変わらないのにキレイ!」という顔を作ることができます。

1 ベースメイクの前に

ベースメイクを始める前に、肌の保湿をしっかりしてください。乾燥した肌は、しわやしみを目立ちやすくなりますし、毛穴や肌の凸凹まで目立たせてしまいます。メイクを始める前にクリームで保湿しましょう。

保湿の後はUVケアをし、余分な油分はティッシュで軽く取ると、メイクの持ちが良くなります。ティッシュは肌に乗せて少し押し当てるような気持ちで使い、決してごしごしとこすってはいけません。

2 コントロールカラーをつかう

下地は一色を顔全体に均一に広げて使っていたりはしませんか?アイメイクや口元が華やかで、肌をごまかせる場合はそれでも良いかもしれませんが、ナチュラルメイクの場合は肌の質感がとても大事です。

下地は、顔の部分によって色を使い分け、明るく見せたいところ・暗く見せたいところのメリハリをつけましょう。また、透明感を出したいところも強調するときれいな質感を出せます。

  • イエロー系・・・くすんだ肌色を明るくする
  • グリーン系・・・肌の赤みおさえる
  • ブルー、パープル系・・・肌に透明感をだす
  • ピンク系・・・顔色が悪い時肌に血色を与える

3 コンシーラーを使いこなす

コンシーラーには主に2つの使い道があります。

  • クマやくすみを隠すために、線で使う
  • ニキビやしみを隠すために、点で使う

コントロールカラーであるていどクマやくすみは隠れていると思うので、どうしても隠したいニキビやしみを隠すのを主な使い道にしましょう。

コンシーラーはテクスチャが硬いので、上手に使わないとべったりとした質感になったり、浮いてしまったりするからです。

4 ハイライトでツヤ感アップ

鼻の筋と頬の高い部分にハイライトをぼんやりといれます。肌のツヤ感がアップします。

5 ファンデーションは色味の合ったものを

ファンデーションは、なりたい肌感にあわせて、リキッド・パウダーを使い分けると良いでしょう。このとき、何よりも気をつけたいのが、自分にあった色味を選ぶことです。

ファンデーションの色が肌と合っていないと、どうしても顔だけ浮いてしまって、せっかくのナチュラルメイクが台無しになってしまいます。ファンデーションを買うときは、きちんと試してから買うようにしてください。

おわりに

ナチュラルメイクは、自分自身の肌質や顔立ちを生かして、キレイに見せてくれます。TPOにあわせて、普段のメイクと使い分けられるといいですね。