はじめに

アロマオイルは普通、アロマディフューザーや、アロマライト、アロマランプなどの芳香器を使い、温めることによって香りを拡散し楽しみます。しかしその方法では部屋中に香りが広がることになります。特に職場や家庭でも、同じ部屋にいる人が全員アロマ好きとは限りません。そこで、香りを拡散せずに自分ひとりで楽しむ方法をいくつかご紹介します。

ティッシュやコットンに染み込ませ、胸元に入れる

アロマオイルを2滴ほどたらし、女性の場合は胸元にしのばせます。男性は胸のポケットなどに入れましょう。肌や洋服にアロマを垂らした部分が直接触れないように気をつけてください。

ハンカチに染み込ませ、気分転換に嗅ぐ

ハンカチやガーゼに数滴たらし、休憩時間などに嗅ぎます。アロマによっては眠気覚まし、やる気回復、緊張緩和などの助けになります。

ペットボトルのキャップにコットンを入れ、数滴垂らす

キャップにふんわり丸めたコットンを入れ、オイルを数滴垂らします。デスクに置いておくと、その周りだけがほんのり香りますので、アロマ嫌いな人に迷惑をかけません。

小さな器にお湯を入れ、数滴垂らす

カップや少し深めの小皿などにお湯を注ぎ、好みのアロマオイルを数滴垂らします。香りがついてしまうので、紙コップもオススメです。デスクに置いて楽しみましょう。間違えて飲まないように気をつけてください。

ハンカチなどに染み込ませ、枕にしのばせる

オイルをハンカチやコットンなどに数滴垂らし、枕の下や枕元に置きます。リラックスを促すオイルを使用しましょう。安眠の助けになります。

アロマアクセサリーを使用する

アロマオイルを染み込ませられるフィルターがついたアロマ専用のアクセサリーが販売されています。キーホルダーやストラップなどがあります。

おわりに

アロマオイルは天然のもの(エッセンシャルオイル)を使いましょう。合成されたものは「フレグランスオイル」という名前で販売されていますので気をつけてください(アロマオイルのような効果はありません)。また、オイルによっては体に負担をかけるものがあります。効能や使い方をきちんと知り、楽しみましょう。