はじめに

良い香りって癒されますよね。一日の終わりや、休日のリフレッシュにアロマオイルを活用してみてはいかがでしょうか。

お風呂で使うタイプなら、手軽に使える物が沢山出てますし、自分で手作りすることも出来ます。

お風呂でアロマオイルを楽しめるもの

お風呂でアロマオイルを楽しめるものには、以下のようなものがあります。

バスキャンドル

キャンドルに火を灯すと、熱でアロマオイルから気化して香りを楽しめます。

入浴剤

入浴剤として売られているものが沢山あるので、お湯に溶かして使うだけです。

ボディーシャンプー

アロマオイルがボディーシャンプーに入っているものです。オリーブオイルや、やし油、精製水など体に優しい素材で作ってあるものがあります。

シャンプー・リンス

アロマオイルと共に、上質な植物性油が使ってあり、肌に優しい商品が多いです。

自分で作る

アロマオイルを使ったものは、ただ買ってくるだけでなく自分で作る事が出来ます。自分でオリジナルを作ると、また違った楽しさがプラスされて、より楽しめると思います。

入浴剤など直接肌に触れるものを作る場合は、マッサージにも使えるような、肌に使っても問題ないアロマオイルを使いましょう。

バスキャンドル

蜜蝋やアロマオイルを使って、アロマキャンドルを作ることが出来ます。

入浴剤

アロマオイルをバスソルトや重曹などを使うと手軽に楽しめます。重曹を使う場合は、少し手間をかけて成型すれば、目でも楽しめるように出来ます。

毎日の気分で楽しみたい時には、バスソルト一握りにアロマオイルを一、二滴くらいのバランスでササッと作るのがおススメです。容器は決めて使うか、匂い移りが気になれば使い捨て出来るものを使います。

基本はバスソルト40gにアロマオイル1から5滴くらいだそうです。アロマオイルは種類によって強さが違うので、キチンと覚えてない方は弱めに使った方が安全です。

毎日作ったほうが香りがフレッシュなので、作り置きより毎回作る方がおススメです。

ボディーシャンプー・シャンプー・リンス

オリジナルで作ろうと思えば作れるようです。興味のある方はアロマグッズの専門店に行ってみるとよさそうです。

一から作るものばかりではなく、シャンプーベースとか用意してあって、そこにアロマオイルを自分好みで足していく形の物もあるようです。

おわりに

お風呂でアロマオイルを楽しむ方法は色々あります。家族に了解を得ながら、楽しんでみてください。

最初は市販品から使い始めると、失敗が少なくて済むと思います。まずは使ってみてください。