はじめに

赤ちゃんのため、美容のために買ったのに、使い方が今ひとつわからず、置きっぱなしにしてあるベビーオイルはありませんか?
また、使ってみると予想位上にベタつきを感じて使うのをやめてしまった…などという声もよく聞きます。
ここではベタつきを感じないベビーオイルの使い方を、ご紹介致します。

つけすぎない

美容液ならば、たっぷりと手に取ることを推奨されるのですが、オイルの場合は、ごく少量で十分に伸ばして使えます。
こんなに少なくて大丈夫かな?と、思うくらいの量を使用し、足りないようなら、少しずつ足していくようにしましょう。

肌や髪の毛が濡れている時に使う

保湿に使用する場合は、お風呂上がりの、まだ水分が残っている時に使いましょう。

  • 肌全体に伸ばして馴染ませてからタオルで拭くようにすると、水分が蒸発する頃には、しっとりとしています。
  • 髪の毛にはタオルドライをした後につけましょう。根元は避けて、真ん中あたりから毛先へ、優しく揉むようにして染み込ませます。

クレンジングに使用する場合

バッチリとアイメイクしている場合も、ベビーオイルはオススメです。
この時ばかりは、たっぷりと使用し十分に馴染ませて下さい。
コットンにベビーオイルを染み込ませたものを、まぶたの上に置いて数分置いてから、ティッシュオフするという方法もあります。

ただし、このまま洗顔しても、まだ顔にオイルが残っている感じがありますので、その前にクリームクレンジングをするようにしましょう。

人によっては、肌に合わずかぶれてしまう場合もあるようです。
必ずアレルギーテストを行ってから使用するようにして下さい。

それでもダメだったら

上に紹介した方法でも、まだ不快感を感じてしまった場合は、捨てたりせず家の掃除に使いましょう。
オイルを含ませた乾いた布で磨くと、ステンレス製品はピカピカになりますよ。