はじめに

食欲の秋は、ダイエットには難しい季節ですよね。美味しいものは沢山出てくるし、少し涼しくなってきて食欲は戻ってくるし。ほんと難しいです。

そんな秋のダイエットですが、ちょっとしたポイントを工夫すれば少し楽になると思います。いくつか書き出してみましたので、参考にどうぞ。

余計な食欲を抑える方法にもなります。

食べたい物を先に食べる

我慢が必要な事に関しては、ご褒美が必要です。その為にも、食べたいものを先に食べましょう。

もちろん、やたらと食べたいものを先に食べるわけではありません。カロリーが低いもの、食物繊維の多い物、味付けの薄いもの、などから先に食べましょう。

空腹が一番の調味料ですから、お腹が空いた状態をカロリーの低いものでまず解消しましょう。

旬を活用する

旬のものを活用しましょう。秋だからといって、お肉が旬を迎えるわけではありませんからね。旬を活用することで、高カロリーなものを遠ざける事も出来ます。

秋が旬の野菜や魚の中から低カロリーなものを選んで、積極的に摂るようにしましょう。キノコ類は特に良いと思います。

逆に気をつけなればならないのが、果物やイモ類ですよね。お米も新米で旬を迎えるから困ってしまいます。

お米のカロリーは100g当たり356カロリーだそうです。さつまいもが163カロリーで、さといもが59カロリー。…あれ?と、思いませんか?くりも167カロリーと、お米よりも低いんです。

これは炊き込みごはんを利用しない手はないですよね。調味料に関しては注意が必要ですけど、さつまいもなどを我慢するより、同じ量なら混ぜて代用した方がカロリーは低くなる計算です。

サツマイモの天ぷらをおかずに、ご飯を普通に食べたらカロリーオーバーですけど、サツマイモの分をご飯減らして対応すればオッケーですよね。

メニューに注意すれば、旬を活用することでカロリーを控える事が出来ます。

果物は家族で分けて食べるなど、一回の量を少なくするように注意しましょう。体に良い成分が沢山入ってるから、ケーキなど加工したものを避けるようにすれば、我慢する必要はないと思います。

旬の果物を生で食べる分にはいいですけど、乾燥させた果物はギュっと詰まっていて栄養価も高いけどカロリーも高いので注意が必要です。ダイエット中は避けた方がよいかもしれません。

おわりに

せっかくの秋ですから、旬は十分に味わいましょう。たくさんガツガツ食べるのはやめて、自然や生産者に感謝しながら味わって食べれば、ダイエットの邪魔はしないでくれるんじゃないかなー、と、思います。