はじめに

「アロマってよく聞くけど、よくわからない」
「使い方がわからない」
「せっかくオイルを買いに行ってもどれがいいのかわからなくって結局買わずに帰ってきてしまう」

というお話をよく聞きます。そこで現役セラピストがアロマを安全に楽しむ方法をお伝えします♪

アロマセラピーとは?

そもそもアロマセラピーって何なのでしょう?

アロマセラピーとは「Aroma(芳香)」と「Therapy(療法)」を掛け合わせた造語で、植物の成分を凝縮させた精油(アロマオイル)を使って行う自然療法です。

香りを楽しんだり、吸入したり、肌に塗ったりして植物の成分を体に取り込むことで健康や美容、心のケアに役立てます。最近は雑誌などでもよく取り上げられますし、雑貨屋さんなどで売られていたりもするので身近な物になってきました。

でも植物成分が凝縮されたオイルはけっこうパワフルです。天然のものだから何でもokという訳ではなく、肌の刺激になったり、妊娠中は使えなかったりするものもあります。

なので注意事項や香りを選ぶポイントを押さえて安全に楽しみましょう。

ポイントその1 精油の選び方

一番メジャーで使いやすいのはラベンダーです。ラベンダーだけは肌に直接つけることもできます。リラックス効果も高いし、虫さされや火傷などの時にも使えます。

でも一番良いのは香りを確かめてみて、「これ好きだな」と思ったものを買う。いいな、と思ったオイルの効果が案外今必要なものだったりします。

試しすぎてよくわからなくなってきたら自分の服の匂いをかいで鼻をリセットします。

ポイントその2 注意事項

芳香浴(香りを楽しむ)ぐらいではさほど問題はありませんが、お風呂に入れたり、肌につけてマッサージなど行う場合。

  • 柑橘系のオイルは光毒性といって紫外線と反応し、色素沈着を起こす可能性があります。
  • クラリセージやペパーミントなど、生理中や妊娠中の使用に注意が必要なオイルがあります。
  • ローズマリーなど高血圧の方は使えないオイルがあります。

こういった使用に注意が必要なものがありますので、それを踏まえて選びましょう。

ポイントその3 では実際に使ってみましょう

好きなオイルを見つけたら、アロマランプで炊いたり、お風呂に入れたり、マッサージをしたりして楽しんでください。

マッサージに使う場合は、直接つけずに必ずキャリアオイルで希釈して使いましょう。

掃除の時にティートリーなど殺菌効果のあるオイルを使っても良いですし、いろいろと試してみてください。

おわりに

暮らしにアロマを取り入れると、掃除が楽しくなったり、リラックスタイムが充実したりと毎日がHAPPYに過ごせます。

安全に、そして気軽に楽しみましょう。