はじめに

毎日ちょっと心がけるだけで、肥満が予防できたらいいなと思いませんか。いきなりのダイエットで体を壊し、短期間で痩せたとしてもリバウンドで元の体重以上に増えてしまった!なんてことにならないようにしたいものです。

太っていない方も、今のスリムな体を維持していきましょう。これだけ覚えて心がければ、美しいスタイルと健康をキープできる方法をご紹介します。

食の好みを変える

あなたは何が好きですか?その好きな食べ物は高カロリーなものでしょうか。現在痩せていたとしても、歳をとるごとに代謝が減り、余分なカロリーは脂肪となって、あなたの身体に蓄えられます。

ファストフード店や、食べ放題のお店に訪れた際、周りを見渡してみてください。太っている人が多いことに気がつきます。食の好みは、その人の体型に反映されるのです。

なのでいっそのこと、食べ物の好みを変えてみてはいかがでしょうか。和食は、日本人の身体に適しています。欧米の方が肉をたくさん食べても平気なのは、腸が短く、消化されやすい体質だからです。

今一度自分の食生活を見直し、普段あまり食べないようなものも積極的に食べてみましょう。新たな発見とともに、好みが変わればしめたものです。

食べたいものは我慢せず食べる

疲れたときに「甘いものが食べたいな」と思いますよね。それは脳が糖分を欲しているから。「無性に野菜が食べたい」と思うこともあるはずです。

それらは自分の身体が純粋に栄養を欲しているサインなので、聞き逃さないであげてください。そんなときは逆らわずに、ぜひ十分に摂取してあげましょう。

ただし、ゆっくりよく噛んで、腹八分目を心がけて。おなかとも相談しながら食事を楽しみましょう。くれぐれも「ながら喰い」や「つられ喰い」はしないように。

いつも以上に甘いものや脂っこいものを欲するときは「本当に食べたいの?」と自分に問いかけましょう。おなかが空いていないのに食べたいと思うのは要注意です。

基本、おなかが鳴ってから食べるようにするとよいでしょう。食事の時間が決まっている人は、その時間までに消化しきっておなかが空く状態になることを考慮して、毎回の献立を立てるのもおすすめです。

さいごに

まず健康であることが一番の財産です。スタイル維持ももちろんですが、自分の身体を思いやることを一生続けていきましょう。