はじめに

仕事の打ち合わせの日時や友達との大事な予定を書き込んだりチェックするために、手帳を鞄に入れて持ち歩いている方も多いのではないでしょうか。

携帯電話のアプリを利用して簡単に管理出来るシステムも徐々に浸透してきていますが、やっぱり自分の手で文字をひとつひとつ書き込むのが、しっかりと記憶するという面からも一番効果的だと思います。

この手帳を「ダイエット」に利用出来れば便利だと思いませんか?

日々の生活を細かくチェックししっかりと管理することで、自分が食べているものを見直し、結果的にダイエットに繋がります。

ぜひ生活の一部に取り入れてみてくださいね。

長期的に考える

最初に断っておきますが、この方法は短期間で痩せるというものではありません。

毎日の生活を手帳に記録し見直すことで少しずつ体重を減らしていき、最終的に太りにくい体を手に入れることを目標にします。

結果がすぐに出ないからといって諦めずに、長期的に考えて行いましょうね。

早速実践しよう

毎日の体重を記録する

朝起きてトイレを済ませた後に体重を量りましょう。毎日体重の数値と、出来れば折れ線グラフも付けておくと良いですね。

こうすることで体重が減ると視覚的にも満足感を得られますし、1日の励みにもなってくれます。

何を食べたかを詳細に記録する

よく自分が食べたものを記録するというダイエット法がいろいろなところで紹介されていますが、これは本当に効果的だと思います。

食べたもののカロリーはどうしても気になるものですし、高カロリーのものは意図的に避けるようになります。

自分で無駄を削ぎ落としていける、最も簡単な方法ですね。

どのくらい歩いたか記録する

最近は歩数計も安く手に入りますし、どのくらいの距離を歩いたかを算出してくれる機能が備わっているものもあります。それを記録しておきましょう。

ただし実際に何歩歩いた・何km歩いたかはさほど問題ではありません。要は視覚的に「これだけ歩いたんだ!」という達成感・満足感を得られればそれで良いのです。

おわりに

ダイエットに手帳を用いるという方法は、アナログな手法ですが確実に結果を残すことが出来ます。

仕事にもプライベートにも、手帳は今後まずます手放せなくなる存在になってくれるかもしれませんね。