ダイエットに食事制限はつきもの。困ったのは食欲ですよね。

一度がんばって痩せても継続しなければ、みるみる間に「?」kg超え!なんてことありますよね。そうなる前に、脳に働きかけて食欲を抑える食品や、食欲を抑え、痩せることができる食べ方をご紹介します。

食欲を抑えてくれる食品

バナナと牛乳

バナナは食欲を抑えてくれる食品です。精神安定剤的な働きもあって、食欲抑制の決定打ともいえる食材です。

これと、乳製品や大豆食品も食欲を抑えてくれます。特に牛乳にハチミツの組み合わせは抜群!つまり、ハチミツを入れた、バナナシェイクなんかがとても効果的ということになりますね。

甘さやカロリーを気にしてかえって控えたくなりますが、毎日コップ1杯ぐらいは飲んで過剰な食欲を抑えましょう。

ココアと牛乳

満腹中枢を刺激する食品に、ココアがあります。これも牛乳と一緒にココアミルクにすればいいですよね。甘さやカロリーを気にしてしまいますが、実は飲んでその後の食欲を抑えることができるのです。

もちろん何杯も飲んだらカロリーオーバーです。1日のブレイクタイムに、1杯ぐらいですね。

肉、赤身の魚、カキ、うなぎ、大豆

太ることを心配して、ついついお肉や脂肪分の多いうなぎは敬遠してしまいますが、適度に食べることをおすすめします。

これらを摂らないと食欲中枢を刺激してしまって、スナック菓子などに手をのばしてしまうということにもつながります。

カロリーに気をつけながら、これらの食品は野菜と一緒にバランスよく食べるようにしたいです。季節のカキや、牛肉など特におすすめです。

食欲を抑える食事の摂り方

よく噛んで、ゆっくり時間をかけて食べること

血液中の糖分を増やす食事法が食欲を抑えてくれます。初歩的な方法としては、ゆっくり噛んで、時間をかけて食べるといいですよ。

このほか、胃の拡張するのが即効で効きます。つまり、カロリーが少なくて容積のある食品繊維の多い、海草、寒天、根菜類を多く摂るのはとても良い方法です。

(image by amanaimages)