はじめに

赤ちゃんのようなぷるぷるのお肌は憧れますよね。

いろいろなスキンケア情報が溢れていますが、「化粧水パック」は美容家の方たちがよくオススメしていますし、試した方も多いのではないでしょうか?

でも実際やってみると確かにお肌は潤うし、毎日でもしたいけど、とにかく1回に使う化粧水の量が多い!「安いものでいいのよ~」とは言われますが、あんまり安すぎるとちょっと不安だし、高いのを使うのはお財布に大打撃でせっかくのケアが楽しめません。

それならば自分専用の化粧水を作ってみてはいかがでしょうか?作り方はとても簡単です。

用意するもの

  • 精製水 45ml
  • グリセリン 5ml
  • お好きなアロマ 1滴
  • 化粧水を入れるビン

精製水、グリセリンは薬局で簡単に入手できます。精製水は安いところでは500mlで60円程度、グリセリンも200~300円ぐらいです。

化粧水入れはできればプラスチックのものよりも、ガラス瓶が良いと思います。清潔で密閉できるものを使いましょう。

やり方

STEP1

ビンにグリセリンを入れ、アロマを混ぜます。

敏感肌や乾燥肌にはラベンダーやローズウッド、オイリー肌にはティートリー、年齢肌にはフランキンセンスなどのアロマがオススメです。

柑橘系は光毒性があるので避けたほうが良いでしょう。

STEP2

STEP1に精製水を入れ、よく振ったら完成です。保存料も何も入っていないので冷蔵庫で保管し、なるべく早く使い切ってください。

ちょっと多めに作っておきたい場合は、量を倍にしてアルコール(ウォッカでも可)を5ml入れて冷蔵庫で保管します。

この場合でも2週間以内を目安に使い切ってください。

STEP3

化粧水を思いっきりたっぷり使ってパックしましょう。

コットンやガーゼ、ティッシュペーパーなどに化粧水を浸し、1,2分顔にのせます。長めに乗せたければその上からラップをのせましょう。

使用前にはお肌に合うかどうかのチェックをお忘れなく。

おわりに

自分の好きな香りで作れて、お財布にもやさしく、毎日のお手入れが楽しくなります。

目指せぷるぷるの赤ちゃん肌!