はじめに

サラッと要点を挙げて行きます。筆者も食生活にはとてもこだわっており、色々と実践しています。

コツ

食事の時はよく噛んでゆっくり食べる

しっかりとよく噛むことにより、満腹中枢が刺激されて少量でもお腹を満足させることが出来ます。

そして、ゆっくりと食べて下さい。楽しんで食事するくらいの意識を持つと良いです。

また、よく噛むことで消化機能が良くなり、噛む力も強くなるので、一石三鳥くらいのメリットがあります。

※噛む力の強い弱いは健康と密接な関係があります。

ガムを噛む

先ほど述べた通り、噛むことで胃を満足させることが出来るのですから、小腹がすいた時はガムを噛むのがベスト。噛んでいく内に無駄な食欲は消えているかと思います。

余談になりますが、ガムは便秘に非常に効果を発揮します。便秘で悩んでおられる方はガムを一度にたくさん噛むことをお勧めします(一度に5粒(板状のガムなら5枚)が目安)。

即効性があるので、いつトイレに行けても良いように気をつけておいて下さい。

米の変わりに餅を食べる

餅は腹持ちが良く、満足感があります。是非お勧めしたいです。

間食したくなるような食品を家に置かない

家にあればついつい食べてしまいます。なので最初から置かなければ済みます。

人間ですから、たま~に食べたい時もあります。そういう時は、その時に買いに出かけて調達すればOK。

腹8分目では無く、腹9.5分目くらいまで食べる

間食したくなるのは、食事3回をキッチリ取らないから

8分目が理想と言われてますが、それでも間食したくなるなら9.5分目くらいまで食べてしまいましょう。ちゃんとした食事の時こそ、食欲を発揮すべきです。

おわりに

食生活で人生の多くが決まってしまうと言っても過言ではありませんから、食生活は厳重に見るべきものだと筆者は思っています。