はじめに

ナチュラルメイクのときのアイメイクは、やり過ぎるとナチュラルでなくなるし、やらな過ぎだとメイクしている意味がなくなるし、難しいですよね。

そこで、ナチュラルメイクのときのアイメイクのコツをいくつか書き出してみました。

ベース

ナチュラルメイクのときにベース作りは大事です。アイメイクもベースを作ってあげると良いと思います。アイシャドウの発色を良くしたり、目元に透明感を出したりする役割があります。

ナチュラルメイクに使うなら、目元を明るくしたり、透明感を出したり、潤いをだしたりするようなタイプが良いと思います。

マスカラ

マスカラは、一度ティッシュなどで余分な液を落としてから使うとダマになりにくく、自然な感じでつけられます。

アイシャドウ

アイシャドウは下まぶたも重要です。色を乗せるというより、くすみを飛ばすようなカラーを選んでのせましょう。

アンチエイジングを考えるなら、下まぶたの目じり寄り部分にパールの入った淡いブルーのシャドーを薄くのせると良いと思います。目じりから上に向かって上げる感じです。

アイライン

ラインが強くなると不自然になるので、アイラインを入れたらまぶた側を綿棒などで馴染ませると自然になります。

アイブロウ

アイブロウも、ラインが強いと不自然になるのでペンシルで描いたラインはスクリューブラシなどで馴染ませましょう。眉頭部分は、鼻筋側に指などで馴染ませても薄っすら彫りが演出出来て面白いです。

パウダータイプのアイブロウで、眉毛の眉毛の間に影を作るようにして眉を描いていくと、自然に太さが出せます。
(商品コード:tokimeki-c:10017649の楽天商品は販売終了しました。)

おわりに

ナチュラルメイクのときのアイメイクのコツは、描いて馴染ませるの一手間とか、マスカラの余分な液を取るとか、ムダに思えたり勿体無く思えたりすることと思います。

でも、やってみると効果あります。まずは試してみてください。