はじめに

白髪染めって悩みますよね。いかにも染めましたって感じにするのも嫌だし、かといって、そのままでも嫌だし。

そんな白髪染めを自然な仕上がりにするコツをいくつか書き出してみました。

色選び

白髪染めの場合、あんまり真っ黒なのはお勧めしません。もとの髪色よりも黒かったりすると不自然です。

白髪部分に明るい色を入れて、黒い部分の色がワントーン上がるくらいの方が自然に仕上がります。

染め方

美容室で染めてもらう場合は美容師さんにお任せでいいですけど、自宅だと悩みますよね。

ムラになり過ぎるのは困りますが、あんまり神経質にならない方が良いように思います。白髪染めは色がつきやすいですから、髪の毛に神経を使いすぎて変な所に色がついてしまっては困ります。

地肌などにつくと、肌が弱いとかぶれますしね。

色をのせることばかりに神経がいって、髪の毛が痛んで艶がなくなるのも困ります。

また染めればいい。
くらいの、気楽な感じでやったほうが上手くいくように思います。

毎日使えるタイプで染める

普通の毛染めもキチンと染まって使いやすいですが、毎日使うタイプも便利です。一回での染まり方は弱いですが、回数使えるから伸びてきた部分の処理も楽です。

毎日使うタイプはトリートメント効果が高いものが多いので、アンチエイジング効果も期待出来ます。

毎日使うと、それなりに予算かかりますが、トータルのアンチエイジングで考えると予算かけるだけの価値はあると思います。

おわりに

白髪染めで考えて予算ケチって髪の毛がパサパサになるようなのを使ってしまうと、アンチエイジングの一環なのに逆に老けて見えちゃいます。

白髪染めも色をつけることだけを考えないで、トータルで若く綺麗に見えるようなものを選ぶように気をつけましょう。