はじめに

秋から冬にかけては、どうしても肌が乾燥しやすいので、小鼻やおでこはオイリーになりがち。とくに毛穴のケアを怠ると、角栓が出来やすくなり、ニキビなどのトラブルが多くなる時期かもしれません。

そこで、毛穴をケアする方法をご紹介したいと思います。今日から心がけて続けてみてください。

洗顔

洗顔料

保湿効果の高い洗顔料を使用しましょう。自分の肌にあった、負担の少ないものを選びましょう。

洗い方

洗顔料を充分に泡立てます。泡立てにくい時は、泡立て用のスポンジなどが売られているので、使うと泡立てやすくなるでしょう。その泡をマシュマロのようにクッション状にして、手と顔の間で挟むようにします。

力をいれず、やわらかく撫でるようにして洗いましょう。ゴシゴシ洗わないようにしてください。皮脂の多いTゾーン(額や小鼻)は丁寧に馴染ませていき、最後に残りの部分(乾燥しやすい頬など)に伸ばしていきます。

ぬるま湯でしっかりすすぎます。

拭き方

タオルで柔らかく包み込むように水をふき取ります。決してこすらないようにしてください。

角栓を取るには

毛穴パックは皮膚を傷めるので、できれば控えましょう。その時はキレイになれても、続けるとお肌がくすんだり、凹凸の原因になります。以前より毛穴が開いて、黒ずみが目立ってしまうことにもなります。

角栓は、水分で濡れた状態を保つと取れやすくなりますので、入浴時に顔にお湯をかけ、よく温めてから洗顔するとよいでしょう。

蒸しタオルも効果的です。毛穴を温めると開き、角栓が柔らかくなるため、その状態で洗顔すると奥深くに残る毛穴の汚れまで落ちます。

またその際、少量のオリーブオイルを手に取って、やさしく小鼻をマッサージするのもおすすめです。2、3分くるくるマッサージしてみましょう。

保湿

洗顔の後は、たっぷりと化粧水をつけ、パッティングし、コットンパックをしてください。そのあと、オイルや乳液などでしっかり油分を補いましょう。

油分と皮脂のバランスを整えることによって、皮脂が酸化しづらくなり、毛穴にも有効です。美白効果のある美容液も、毛穴に効果がありますので、積極的に使ってみましょう。

▼コットンパックの方法についてはこちらを参考にしてください
手軽なパックで効果的に肌に水分補給する方法

さいごに

日々のケアを怠らず、諦めないで続けていきましょう。ちょっとしたケアを習慣づけ、毎日心がけるだけでも毛穴が目立たなくなっていきます。

また、肌には食べ物も大きく影響します。食生活や睡眠にも気をつけるようにしましょう。