年齢を重ねるとコラーゲンの代謝が衰えていきます。

知っている方も多いかと思いますが、硬タンパク質のひとつで、このコラーゲンは、筋肉と骨を結ぶ腱であったり、細胞と細胞を繋げる役目を果たし、皮膚・骨・軟骨・腱・靭帯などに多く、中でも最も多く含まれているのがお肌になります。

特にお肌の奥の真皮と呼ばれる部分は約70%がコラーゲンでできており、このコラーゲン繊維が複雑に絡み合った立体的な網目構造となってハリや弾力を保っているのです。

なので、年齢を重ねると肌にハリや弾力がなくなっていくのは、まさにコラーゲンの代謝や質が悪くなり、減少している証拠なのです。

そこで、このレシピでは、元気な肌を取り戻すためのコラーゲンの摂取方法などをご紹介します。

コラーゲンは食べよう。

コラーゲンは、数万~数十万個というたくさんのアミノ酸が、3本よじれるようにって繋がってできたものです。

しかしながら、このままでは分子が大き過ぎるため、ドリンク剤やサプリメントなどではよく、コラーゲンペプチドという体内で吸収されやすい状態にしたものが使われています。つまりコラーゲンは、吸収されやすい状態にして食べ物から摂るのが効果的なのです。

コラーゲンの吸収率は?

美肌効果を期待する他にも、コラーゲンを摂取することで、関節の痛みを改善するなど、健康面でもコラーゲンは必要不可欠なものです。

しかし、その吸収率はというと、コラーゲンはタンパク質なので、消化作用でコラーゲンの構成単位であるアミノ酸まで分解されないと体内に吸収されません。

また、分解されたアミノ酸が必ずしも体内で再びコラーゲンに生成されるとは限らないのです。なので、コラーゲンの吸収率の良いものを摂取することが大切なのです。

吸収されやすいコラーゲン

以下は一般的にコラーゲンが多く含まれている食品です。

  • ゼラチン
  • 身と皮を含む魚
  • 魚の頭
  • フカヒレ
  • エイヒレ
  • スペアリブ(骨付き)
  • 豚足
  • 豚耳
  • 砂肝
  • レバー
  • 軟骨
  • 鶏の手
  • 鶏ガラ
  • 牛や豚の皮
  • 牛すじ
  • カレイ
  • ヒラメ
  • すっぽん
  • あなご
  • うなぎ
  • マシュマロ

…等、たくさんありますが、魚由来のコラーゲンは動物由来よりもコラーゲンが短く分断されているので、コラーゲンペプチドの状態にあり、より体内に吸収されやすいという特性があります。

ただ、海洋性コラーゲンは熱に弱く、焼き魚などにして皮を焦がしてしまうとコラーゲンの分子構造を壊してしまう恐れがあるので、調理する際は焦がさないように注意しましょう。

ビタミンCと一緒に摂ると効果的!

お肌のために必要なコラーゲンは1日に約3~5gが理想とされています。また、コラーゲンとビタミンCを一緒に摂ることで正常なコラーゲンが生成されて、ハリのあるみずみずしいお肌が期待できます。

さらに、ビタミンCは日焼けによるシミやそばかすを防ぐので、美白効果も期待できるのです。

コラーゲンで肌のハリを

いかがでしたか?肌のハリを保つためにはコラーゲン!というのは分かっていただけたでしょうか?

コラーゲンのことを知ってもらうため少々長くなってしまいましたが、覚えておいていただきたいことばかりなので、ぜひ頭の片隅にでも残しておいてくださいね。

参考サイト

関連ライフレシピ

(image by amanaimages)